結婚事情

 

近年の日本は女性の社会進出が著しく女性自身の生き方に変化が起こっています。女性が社会に認められるような生き方をしようとすると、どうしても様々な障害が生じてきます。その一つの障害が女性は男性と大きく違うということ、つまり女性には出産適齢期があるということです。もちろん女性が「産まない」という選択をすることもありますが、母性がある女性ならば「産む」という選択をする方も多いでしょう。「産む」選択をする場合、女性の年齢は非常に重要となります。

結婚適齢期という言葉は今の世の中では存在しないかもしれませんが、出産適齢期から前倒しして考えるとやはり結婚にはある程度の適齢期が存在するのではないでしょうか。しかし、現代日本では晩婚化の傾向が著しいです。仕事が忙しくて時間がない、出会いがないということが年齢・性別に関係なく結婚しない理由にあがります。しかし平等に人間は年齢を重ね、そして知らず知らずのうちに出会いの機会やタイミングを逃している場合もあります。待っているだけではパートナーとの出会いはなかなか訪れません。また出会えているかもしれないパートナーとの機会や縁を見落としている場合もあります。

結婚しようという気持ちがあるのならば、まず自分で行動を起こし、自分から出会いを引き寄せることが大切です。行動を起こさないと今の社会環境では時間に追われて忙しい男女は出会いの機会が持てないのが現状です。しかし、自身がアンテナを張り四六時中出会った人たちをチェックするのは難しく時間的にも精神的にも疲れてしまいます。また出会えたとしてもその機会を生かすのも恋愛経験が乏しければうまく成就しませんし、恋愛期間中に躓いてしまうこともあります。ではどうすれば出会える機会が持てて恋愛や結婚まで発展することができるのでしょうか。

Copyright © 2014 現代の結婚事情 All Rights Reserved.